2009年12月01日

みんな、待ちきれないらしい

「THIS IS IT」を観て、マイケルにハマった人がいるようで
職場で2人の方に、DVDを貸してくれ、と頼まれた次第。

まあ自分、非公式なものばかりしか今、手元にないんだけど。

いや、公式なものはもちろん全部持ってる。
ただ、人に貸したっきり返ってこないだけ。。。

マイケルが亡くなった時に、返してくれ
と言ったのに、まだ返ってこない。
貸してから、かれこれ3年ぐらい経つってのに。。。

親戚の音楽好きの伯母にもマイケルDVDで
おすすめのものを聞かれたし。


マイケルのオフィシャルな映像はとても少ない。
ツアーだと現時点では、デンジャラスツアーの
ブカレスト公演(ライブ・イン・ブカレスト)しか市販されていない。

しかもこれだって、ここ2、3年のうちに
販売されたものだ。

マイケルは完璧主義者だから、本当はショートフィルムの方を
見てもらいたいそうな。

ちなみにマイケルDVDでおすすめなのは
前述の「ライブ・イン・ブカレスト」と
「ヒストリー・オン・フィルム VOLUME II」。

ブカレスト公演はデンジャラスツアー中、
ベストパフォーマンス、と言われた公演。
ヨーロッパでのマイケル人気はアメリカよりも高いぐらいなんで
客の反応もスゴイ。

ヒストリー〜は基本はショートフィルム集だけど、
ムーンウォークを初披露した、モータウン25周年ライブや
ファンの間では人気の高い、MTVアウォードでのデンジャラスの
パフォーマンスが収録されてる。
スムース・クリミナルやスリラーも入ってるので、初心者にはオススメ。

まだ、マイケルのパフォーマンスやライブを見たことない人、
人生損してるってばよ。


あと見所と言えば、アルバムを出す度にマイケルの顔が
変わるってところか。

スリラー期はやんちゃな少年風、BAD期は悪ぶった青年風、デンジャラス期は
きれいなお姉さん風、ヒストリー期は美白命のセクシー美女風、
ってな感じ。

途中で女性化してるけど、気にしない、気にしない。
あごが割れだすのは、BAD期から。

白くなったのは病気のはず。
裁判の時にマイケルの性器にある白斑が
警察に証拠として取り上げられている。

マイケルが患ったと言っているのは尋常性白斑症で
色素が斑点のように抜けていく病気。
森光子もこの病気。昔は色黒だったんだって。

美容整形では、全身を白くすることなんて、現時点では不可能。
実際に、美容整形をやっている方に聞いた。(教えてgooでw)
皮膚を漂白する、ハイドロキノンって薬もあるけど
これは刺激がとても強いので、目のキワなどに塗るのは
絶対無理だと思う。(使ってみたことあるよ)

ただ、斑点状に抜けていく途中で
このハイドロキノンなどを使った可能性はある。
まだらになっている部分を均一にするために。

ファンデーションももちろん、使っていた。
まだらになっている部分を隠すために。

マイケルの皮膚科医がマイケルの病気について
学会で真面目に発表した、という話もある。

ていうか、普通に考えて黒人が白人のような皮膚になるなんて
無理じゃね?

漂白剤を飲んだとか言ってるのもアホか、と。
肌が白くなる前に、胃に穴開くだろ。
みんな、マスコミに踊らされ過ぎなんだよ。
ちなみにこんな話が出てるのは日本だけ。


まあ、実際にマイケルと触れ合ったことなんてないので
事実なんて知らんよ。彼自身が望んだ可能性はある。

でも、私は病気だと思う。
ちょっとしたマイケルキ○ガイだった自分は
他の人より、いろいろなことについて調べたってことは言える。
posted by シボ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | マイケル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33956531

この記事へのトラックバック